*
メニュー

池波風雑煮

池波風雑煮

池波風雑煮の作り方

角餅を焼く

池波風雑煮は角餅を焼きます。

すまし仕立て

池波風雑煮の汁はすまし仕立てになります。

かつおだし

かつおだし

醤油

醤油

小松菜

小松菜

鶏肉

鶏肉


かつおだし

カツオブシでだしをとります。 今回薄口醤油と塩で味付けをしました。


小松菜を入れる

使用する具は小松菜と鶏肉だけです。


餅をいれ、汁を注ぐ

角餅を焼いてお椀に入れ、具を添え、上から汁を注ぎます。 これにて池波風雑煮のできあがりです。


池波風雑煮について

この雑煮の作り方は、池波正太郎氏「食卓の情景」P259:新年の味にあるものです。

それから雑煮。 餅は二切れ食べればよいほうだ。 食べざかりには二十三個も食べたことがある。

雑煮は、むかしから「名とり雑煮」といって、小松菜と鶏肉だけ。 この熱い清汁を、こんがり焼いた餅を椀に入れた上から、たっぷりと張る。 決して餅を煮ない。

とあります。 今回の雑煮は名とり雑煮だということになります。

ちなみに名とり雑煮とは、菜と鶏を「名取り」にかけたもので「名を大切にする気風」の表れだそうです。

餅を煮ないのは、汁がにごるからです。(池波正太郎の食卓より)

1つ星2つ星3つ星4つ星5つ星6つ星7つ星8つ星9つ星10つ星

12 票。 10 点満点中平均 8.75 点!

Loading...Loading…

投稿日:2009年12月10日