*
メニュー

岩手風雑煮

岩手風雑煮

岩手風雑煮の特徴

角餅を焼く

岩手風雑煮は角餅を焼きます。

すまし仕立て

岩手風雑煮はすまし仕立てです。

煮干し

煮干し

大根

大根

人参

人参

ごぼう

ごぼう

高野豆腐

高野豆腐

醤油

醤油

イクラ

いくら

くるみ

くるみ


岩手風風雑煮の作り方

大根投入

煮干のダシをとり、大根を加えます。

※煮干だし:いりこ30gの頭とワタを取り除き乾煎りしておく。 ボールに水500mlを張り、昆布5センチ角と煮干しを入れてしばし置く。 火にかけて沸騰寸前に昆布だけを引き上げ、3分間アクを取りつつ煮てこす。

※さば、どんこを焼干ししたのもでダシをとる場合もあります。


人参投入

人参を加えます。


ささがきごぼうを加える

ささがきごぼうを加えます。

※ささがきごぼうとは、ごぼうの皮をむいて鉛筆削りの要領で細く削ぎ切りにしたものです。


高野豆腐投入

高野豆腐を加えます。


醤油投入

醤油をたらしてですまし仕立てにします。


いくらをのせる

焼いた角餅を椀に入れ、具を盛り付けてからイクラを散らします。


くるみをつぶす

岩手風雑煮の大きな特徴は、雑煮にくるみだれがつくことです。

くるみをすり鉢に入れて、ねっとりするまでよくすります。


煮汁を加えてのばす

すったくるみに雑煮の汁を加えてまったりするまでのばします。 これでくるみだれのできあがりです。

雑煮の中の餅を、このくるみだれを漬けながらいただきます。


1つ星2つ星3つ星4つ星5つ星6つ星7つ星8つ星9つ星10つ星

19 票。 10 点満点中平均 7.63 点!

Loading…

投稿日:2011年12月15日