*
メニュー

新潟風雑煮

新潟風雑煮

新潟風雑煮の作り方

角餅を焼く

新潟風雑煮は角餅を焼きます。

すまし仕立て

新潟風雑煮はすまし仕立てになります。 だしじゃこを用います。


じゃこだし

じゃこだし

醤油

醤油

鮭

“鮭

イクラ

いくら

かまぼこ

かまぼこ

白菜

白菜

こんにゃく

こんにゃく

里芋

里芋

ぎんなん

ぎんなん


ジャコ

まずは雑魚(じゃこ)で出汁を抽出しておきます。

※じゃこだし:いりこ30gの頭とワタを取り除き乾煎りしておく。 ボールに水500mlを張り、昆布5センチ角と煮干しを入れてしばし置く。 火にかけて沸騰寸前に昆布だけを引き上げ、3分間アクを取りつつ煮てこす。

※雑魚(じゃこ)とは、煮干しの別名です。


白菜、コンニャク、里芋

具を紹介します。 まずは白菜コンニャク里芋です。 それぞれほどよい大きさに切り分けます。


ちくわ、かまぼこ

ちくわかまぼこもほどよい大きさに切り分けておきます。


塩鮭

塩鮭は是非用意しておきたいところです。

※鶏肉も使われます。


ぎんなん

ぎんなんを殻から出して、塩茹でにしておきます。


里芋、コンニャク、白菜を煮る

鍋にだし汁を張り、まずは里芋を煮はじめます。 里芋が柔らかくなりだした頃、白菜、コンニャクを投入しましょう。


塩鮭を入れる

頃合をみて、塩鮭を静かに投入します。


味付けをする

塩鮭が煮えた頃、醤油で味付けをします。 今回薄口醤油を使いました。 塩鮭の塩気を考慮しながら調味します。 味付けがすんだらかまぼこ、ちくわも加えます。


角餅投入

焼いた角餅を器に用意します。 新潟の雑煮は角餅を焼くのです!


イクラを添える

焼いた角餅の上から汁を注ぎこみ、具を盛り付けます。 仕上げに銀杏、イクラを添えると新潟風雑煮のできあがりです。

※いくらをととまめというそうです。


新潟県人に聞いた雑煮の作り方

  • 餅は長方形を焼いて仕上げに鍋の中に入れる。 汁はすまし。 煮干などでとる。 人参、大根、白菜などを具にする(2013/12/09)。

1つ星2つ星3つ星4つ星5つ星6つ星7つ星8つ星9つ星10つ星

19 票。 10 点満点中平均 9.00 点!

Loading…

投稿日:2009年12月10日