*
メニュー

長崎具雑煮

長崎具雑煮

長崎具雑煮の作り方

丸餅を煮る

長崎具雑煮は丸餅を煮ます。

すまし仕立て

長崎具雑煮の汁はすまし仕立てになります。

かつおだし

かつおだし

醤油

醤油

ブリ

ブリ

かまぼこ

かまぼこ

白菜

白菜

こんにゃく

こんにゃく

里芋

里芋

鶏肉

鶏肉


かつおだし

カツオブシアゴダシと、昆布でだしをとります。 所によっては鶏がらスープを足したりもします。


白菜、コンニャク、里芋

具は白菜コンニャク里芋のほか、ゴボウシイタケ凍豆腐玉子焼きちくわかまぼこ穴子鶏肉など様々なものが用いられます。


塩ぶり

もしあれば塩ぶりを用意しておきたいところです。

※鯛でも結構です。


丸餅を投入する

各素材をダシに入れて煮込みます。 頃合をみて丸餅を加え、柔らかくなるまで煮込みます。 長崎の雑煮は丸餅を煮るか焼いて用います。


味付け

仕上げに醤油で味付けをします。 地域によっては砂糖を加え、若干甘めに仕上げることもあるそうです。

以上、具雑煮の作り方でした。


具雑煮について

具雑煮は主に、長崎県島原地方で作られる雑煮です。 時は1637年、島原の乱の時、天草四郎が兵糧として炊いたのが起源といわれます。

普通、雑煮と言えば正月料理になりますが、具雑煮は家庭料理として、祝いの席の食事として通年食べられています。 島原には専門店が十数店立ち並びます。

具雑煮は雑炊にも

具を食べ終わった後の雑煮はごはんを入れて軽く煮立て、雑炊にすることもあります。 素材の甘味がごはんに移り、素晴らしい風味です。

1つ星2つ星3つ星4つ星5つ星6つ星7つ星8つ星9つ星10つ星

19 票。 10 点満点中平均 9.11 点!

Loading...Loading…

投稿日:2009年12月10日